2008年09月02日

作業所訪問・・・わかまつ作業所

おはようございます!
メッコです!目

今日は、久しぶりにこのブログのタイトル通りの内容で〜す。
(というか、今までの記事はなんだったんだ〜ふらふら
すこ〜し、専門用語が出たり、長文だったりいたしますので
最初におことわりをさせていただきます。
昨日、


「わかまつ作業所」

さまをご訪問させて、いただきました。晴れ

こちらの作業所を直接お伺いするのは初めてなのですが、
以前マイ箸の袱紗のプレゼンを通して間接的に関わったことがあり、(このイベントでみごと受注を果たした作業所のひとつがこちらのわかまつ作業所なのです。わーい(嬉しい顔)
              ↓
http://mekko715.seesaa.net/category/2754751-1.html

その受注後の継続具合などもお伺いしたく、ご訪問させていただきました。わーい(嬉しい顔)
      
まずは、施設長の杉山さんから、大変親切に授産作業内容について、ご説明をいただきとてもうれしかったです。わーい(嬉しい顔)

作業内容は下請け作業が多いとの事でしたが、
作業所設立以来、お付き合いを続けているという地元企業との下請け作業は、同種の作業としてはとても高単価であり、
地域(地元・町内)と密着して活動するということをとても大事にしていらっしゃるのが、よくわかりました。わーい(嬉しい顔)

上記のような理由により、自主製品はあまり生産されておらず、
メッコが探しているものには出会えませんでしたが、
とてもあたたかいアットホームな雰囲気の作業所で、
ホームページなど別な形でのかかわり方もあるのでは、
再度のご訪問をお約束し、お別れいたしました。晴れ

こちらの作業所は一度、就職をし、その後、
続かずに戻ってきてしまった方が、約半数いらっしゃるということでした。がく〜(落胆した顔)
そのような方々の受け皿として、がんばっている「わかまつ作業所」の姿勢は大変すばらしいとメッコは思います。


ただ、


「一般就労をしても、続かない方が多い。」


これは、今、障碍者を取り巻く大きな問題のひとつであり、
且つ、問題解決のためには、障碍者ご本人がというより、
周りの環境整備が一番大事なのだと思うのです。

そのためにも、メッコの活動の軸は、


「売れる商品作り・売れる商品探し」


なのです。

ですから・・・



まだまだ、探しますよ〜
実際に行ってみて、会ってみないと
わからないことも多いし、
気持ちも通じませんから・・・。


今日は長文・駄文でゴメンナサイ・・・ふらふら

メッコ

明日は、また、お〜いしいモノの話をしますねわーい(嬉しい顔)

posted by メッコ at 09:56| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。